銀行カードローン 審査

返済について

借りたお金を返すことは、社会人としては当然のことです。キャッシングでお金を借りたら、その後の返済には100%責任を持たねばなりません。間違っても返済トラブルなどを起こしてはいけないのです。

 

ところで、その返済ですが、決して楽観してはいけません。借りるのは簡単でも返すのは大変、それが借金の本質です。甘く見るのは禁物です。しかしその一方で、返済を悲観するのも良くありません。きちんとした返済計画があれば必ず完済できる、それもまた借金の本質です。

 

ですからキャッシングの返済においては、楽観も悲観もしてはいけません。余計なことは考えずに、自己の返済能力に基づいた客観的な見通しの元、無理なく確実に返済を進めてゆけばそれで良いのです。

 

▼人気のキャッシングがわかります
プロミスならセブンイレブンで返済もキャッシングもできます!

主婦のキャッシング

主婦の方でもキャッシングをしたいと思っている方は多いはずです。やはり今は不景気でもありますし、急な出費が重なってしまうとどうしてもお金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。

 

そうなった時に、主婦だとキャッシングができないのではないかと不安に思われてしまう方もいらっしゃるものかと思います。お金を借りるというと、どうしても正社員でないといけない、年収が高くないといけない、信用が高くないといけないというイメージが強いと思います。

 

カードローンであれば主婦の方でも一定条件下でキャッシングができます。ただし、収入のある主婦の方とない主婦の方ではキャッシングまでの過程などが異なりますので、それぞれ簡単に説明をしていきたいと思います。まず収入のある主婦の方の場合、社員でもバイトでもパートでも他の人と変わらない手順で申し込みをし審査を受け、それに通ればキャッシングができます。

 

収入のない専業主婦の場合には、専業主婦OKのカードローンを探し、配偶者の同意と収入証明書と共に申し込みをし審査を受けるという流れになります。参考になさってみてください。

審査で確認されるポイント

消費者金融の審査は属性スコアリングという採点方式で点数が付けられて返済能力を判断していきます。そのため勤続年数、保険の種類、住まいなどが審査のポイントになってきます。

 

勤続年数は出来るだけ長く勤めていた方が収入も多く返済能力があると見なされます。また人としても業者側にも信用されやすいので審査にはかなり有利になります。

 

保険の種類は国民健康保険より社会保険の加入している方が有利になります。正社員で働いている人はだいたい社会保険なので問題ないのですが、アルバイトで働いている人は国民健康保険の場合が多いので審査には不利になってしまいます。

 

住まいは持ち家の方が返済能力が高いと見なされて審査には有利になります。賃貸の場合は居住年数が長いとまだ信用されやすいのですが、住まいを転々としている人は不利になってしまう可能性が高いです。

 

その他は他社からの借り入れ状況や月々の固定出費なども審査の時に確認して余裕を持って返済出来るかを判断していきます。

更新履歴